克服事例・相談事例はこちら

前立腺がんの生存率

前立腺がんは、食事の欧米化やPSA検査の普及、高齢化などが要因となって、ここ20年間で罹患者数は3倍にまで増え5万人を超えると言われています。

しかし、前立腺がんの罹患者に対する死亡者の比率は約20%と低く、5年生存率は最も高いがんのひとつです。

公益財団法人がん研究振興財団の「がんの統計 ’12」掲載の「全国がん(成人病)センター協議会加盟施設における5年生存率」によると、前立腺がんのステージ別5年生存率1)は以下の通りです。

前立腺がんのステージ 全症例 手術症例のみ
5年実測生存率2) 5年相対生存率3) 5年実測生存率 5年相対生存率
ステージⅠ 91.1% 100.0% 96.4% 100.0%
ステージⅡ 90.9% 100.0% 94.6% 100.0%
ステージⅢ 84.6% 100.0% 92.6% 100.0%
ステージⅣ 47.2% 58.2% 58.8% 71.7%
29.2% 32.8% 48.1% 53.1%
  1. 5年生存率とは、治療を受けた人のうち5年後に生存している比率
  2. 生存率には「実測生存率」と「相対生存率」があり、実測生存率とは、死因に関係なく全ての死亡を計算に含めた生存率で、この中にはがん以外の死因による死亡も含まれます。
  3. 相対生存率とは、対象者と同じ特性(性、年齢、暦年、地域など)をもつ一般集団の期待生存確率より期待生存率を算出して、実測生存率をそれで除することによって、その影響を補正する方法です。

また、全国がん(成人病)センター協議会(全がん協)の集計では、2001年から2003年の5年相対生存率を公開していますので以下に抜粋します。

全がん協部位別臨床病期別5年相対生存率(2001-2003年症例)より抜粋

前立腺がん5年相対生存率
全症例 症例数 306 1,975 631 731 3,963
生存率 100.0% 100.0% 100.0% 55.7% 95.1%
手術症例 症例数 125 1,087 265 116 1,700
生存率 100.0% 100.0% 100.0% 66.7% 100.0%

前立腺がんは進行が遅いという特徴があり、ステージⅢまでの5年相対生存率は100%となっています。

5年生存率はあくまでも集計データ

5年生存率について、できるだけ新しくて信頼できるデータを選んで掲載していますが、登録機関の情報を集計して平均値を算出しているにすぎません。

しかし、治療方法や医師の技術、抗がん剤やそれらの組み合わせなどは日々進歩しています。

ですから、自分の状況と照らし合わせてみて、もし生存率が低かったとしても決して悲観的にならず、担当医やご家族、セカンドオピニオンなどあらゆる方法を実行し、冷静に強い気持ちでがん克服に挑んでください。

前立腺がんは、5年生存率が高いがんですが、治療では抗がん剤療法や放射線療法、ホルモン療法などが行われる場合があり、その副作用には様々なものがあります。

漢方や機能性食品などには、がん克服や副作用の軽減に役立つものもありますので、ご遠慮なくご相談ください。


延寿へのご相談はお気軽に

ご自身やご家族やお知り合いが「がん克服」を模索しておられるようでしたら、ぜひ一度ご相談ください。長年の経験と実績を基にお役に立てるはずです。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

がん克服事例

私が実際に受けてきた相談事例をご紹介しています。

また重複しますが、「末期がんの事例」と「現在継続中の事例」もピックアップしました。