克服事例・相談事例はこちら

コーヒーと健康

コーヒー好きの方に朗報?(心臓病の死亡確率が4割減!)

コーヒーと健康

以前の記事「コーヒーと「がん」」では、文部科学省科学研究費大規模コホート研究と国立がん研究センターのコホート研究から、肝臓がんでの死亡リスクと子宮体がんの発症リスクがそれぞれ半減から40%件になっているということがわかったとお伝えしました。

2015年5月7日、国立がんセンターや東京大学などの研究チームが、また興味ある研究結果を公表しました。

それによると、コーヒーを1日に3~4杯飲む人は、殆んど飲まない人に比べて心臓、脳血管、呼吸器の病気で死亡する確率が4割ほど減るというのです。

今回はがんによる死亡との関連は発表されていませんが、全ての死亡の危険性が24%減だったそうです。
この調査は、1990年代に10都道府県に住んでいた40~69歳までの約9万人を2011年までに追跡し、生活習慣と日本人の主要な死亡原因との関係を調べたそうです。

コーヒーを飲む量が多いほど死亡の危険性は減り、「1日3~4杯」と答えた人は、狭心症や心筋梗塞などの心臓病で死ぬ危険性が「殆んど飲まない」と答えた人に比べ36%低かった。

また、脳内出血や脳梗塞などの脳血管病は43%、肺炎などの呼吸器病は40%低かったそうです。

緑茶も1日5杯以上飲む男性は、殆んど飲まない男性に比べ脳血管病で死ぬ危険性が24%減、呼吸器病で45%減、また女性は心臓病で死ぬ危険性が37%減ったとうこと。

喫煙やコーヒーの飲み過ぎは、体にとって良くないというイメージを持っている人が案外多いと思いますが、喫煙については言うまでもなく、コーヒーが心臓病などの死亡確率を大きく減らすという今回の発表はコーヒー好きの方には朗報ですし、コーヒーを飲まない人には気になる情報ですね。


延寿へのご相談はお気軽に

ご自身やご家族やお知り合いが「がん克服」を模索しておられるようでしたら、ぜひ一度ご相談ください。長年の経験と実績を基にお役に立てるはずです。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

がん克服事例

私が実際に受けてきた相談事例をご紹介しています。

また重複しますが、「末期がんの事例」と「現在継続中の事例」もピックアップしました。