克服事例・相談事例はこちら

がんは、一発勝負!?

がんに関わることになったら、そのときあなたは・・・・

2人に1人が罹患する“がん”は今や身近な病気と言えます。

がん治療は情報戦です。

がん医療の現状、がん医療との巡り合せ、がん治療の特殊性、特殊治療に関わる医療情報、自然・代替医療に視野を広げたまともな情報、などはあるとないとでは、予後に大きく影響するだけではなく、治療費に雲泥の差が生じることになります。

平成27年4月5日の日本経済新聞に、東京大学放射線科の中川恵一先生が連載されている「がん社会を診る」のコーナーに「正しい情報入手が大事」と題する記事が掲載されていました。

平成27年4月5日の日本経済新聞に、東京大学放射線科の中川恵一先生が連載されている「がん社会を診る」のコーナーに「正しい情報入手が大事」と題する記事が掲載されていました。

そこには「がん治療は一種の情報戦で、正しい情報を手に入れるかどうかが治療の成否を左右します」とありました。

「初回の治療が鍵で、いったん再発してしまうと、例外はあるものの治癒は難しくなります。この点で、がんの治療は敗者復活戦なしの一発勝負といえるかもしれません」

さらに「がんと診断されたあとの病院選びが非常に大事です。実際、自宅の近くの病院で治療を受けた後に再発してしまい、後悔している患者を何人も知っています」とも書かれています。

がんと診断されたら、正しい情報を手に入れ、慎重に病院や医師を選び、慎重に治療方針を検討することが非常に大切だということになってきます。

「がん治療に関する情報収集にはインターネットは便利です。しかし、さまざまな情報が入り乱れているので、正しいものを見分けるのは容易ではありません。検索結果の上位は、免疫療法や健康食品を勧めるものが占めていますが、それらの多くは科学的根拠が十分とはいえません」との指摘もあります。

がん関連の情報提供をするコーナーを設けている病院もあります。

しかし、病院で提供される情報はそれぞれの病院の事情や舞台裏に影響されたものになりがちです。

国立がん研究センターの「がん情報センター」など、公的な組織が運営するサイトがあります。

このような信頼できるところもありますが、多くの情報が標準治療や治る見込みのある患者さんに限定された視野の狭いものです。

治療の手段がないと宣告された方にはあまり意味がありません。

そういう患者さんには、医療のみならず自然療法や代替療法などを包括した広い視野から正確で科学性・合理性に裏打ちされた信頼できる情報の提供が必要ではないかと考えます。

がん患者の平塚厚子さんが『がん「余命半年から」の生還』という本を出されています。

その中で平塚さんは

「誰しも真っ暗な部屋にいるのは怖いことです。明かりがあり状況が見えれば安心できます。がん患者は信頼できる良質の情報を求めています。治療の選択は重要で、生還のためにはどういう選択肢があるのかを知り、がん患者自身が自らの頭で考え、自らの強い意志で判断決定するべきです。治療に関する情報は、科学性、合理性に裏打ちされたものが望ましく、さらには経済性にも配慮が必要です。」

と書かれています。

まさにそのとおりだと思います。 

がんが身近な病気になった現在、もしも、あなたが “がん”に関わることになったときのために、決してあわてないで最良の選択肢を求められるよう、役立つ正確な情報をできるだけ多く提供していきたいと思います。


延寿へのご相談はお気軽に

ご自身やご家族やお知り合いが「がん克服」を模索しておられるようでしたら、ぜひ一度ご相談ください。長年の経験と実績を基にお役に立てるはずです。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

がん克服事例

私が実際に受けてきた相談事例をご紹介しています。

また重複しますが、「末期がんの事例」と「現在継続中の事例」もピックアップしました。