克服事例・相談事例はこちら

子宮頸がんの症状

子宮頸がんは初期症状がない

子宮頸がんは初期の症状がないために、早期に発見するには検診しか方法がありません。

しかし、子宮頸がん発症の原因は「HPV(ヒトパピローマウィルス)」が関係していることがわかり、予防接種が推奨されるようになり期待されていましたが、最近になって副作用の問題が浮上しました。

今後、予防接種が広がるには、この問題が明確に解決される必要があると考えています。

ということで、これまで通り20才を過ぎたら2年に1度は検診を受けることが推奨されます。

子宮頸がんの症状

子宮頸がんとしての症状が現れた場合は、既にがんが進行していることが予測されます。

以下のような症状がある場合は、すぐに検診を受けることをおすすめします。

  • 月経中でないときの出血
  • 性行為の際の出血
  • 普段と違うおりものが増える
  • 月経血の量が増えた
  • 月経期間が長引いている
  • 腰痛になった
  • 尿に血が混じったり、尿が出にくくなった
  • 血便や下腹部の痛みがある

不正出血の原因としては子宮頸がんの他に、頸管ポリープ、腟部びらん、子宮筋腫、子宮体がん、子宮肉腫、絨毛がんなどがありますが、症状があったらすぐに産婦人科を受診しましょう。

特に、性交時の出血や閉経後の出血があったら、すぐに診察を受けてください。

早めに受診することで早期発見につながりますし、早期に発見することができれば、子宮頸がんは比較的予後のよいがんです。


延寿へのご相談はお気軽に

ご自身やご家族やお知り合いが「がん克服」を模索しておられるようでしたら、ぜひ一度ご相談ください。長年の経験と実績を基にお役に立てるはずです。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

がん克服事例

私が実際に受けてきた相談事例をご紹介しています。

また重複しますが、「末期がんの事例」と「現在継続中の事例」もピックアップしました。