克服事例・相談事例はこちら

腎臓がんの症状

腎臓がんも他の多くのがんと同じく、初期症状がほとんどないがんです。

また、腎不全から腎臓がんに発展した場合は、症状が出ても区別がつきにくいがんです。

腎臓がんが進行してあらわれる特徴的な症状は、

  • 肉眼でもわかる痛みを伴わない血尿
  • 脇腹の痛みや腰痛
  • 脇腹を触ってわかるシコリ(触診できる腫瘤)

そして、がんが進行するにつれて、発熱、貧血、食欲不振、体重減少などの症状が現れます。
ウィルムス腫瘍には吐き気や嘔吐が伴います。

脇腹の痛みや脇腹のしこりで発見された場合には、すでにかなり進行している状況です。

以前は、腎臓がんが転移してその転移したがんが先に発見されることも多かったようですが、最近では定期検診の超音波検査で発見されたり、たまたま他の病気で受けた検査で発見されるケースが増えています。

また、腎臓がんの特徴として「再発しやすい」ということがあります。

目に見える程度の大きな腫瘍巣を取り除いたとしても、実はその周りには目に見えないくらい小さなガン細胞が存在していることがあり再発してしまうことが多いのです。


延寿へのご相談はお気軽に

ご自身やご家族やお知り合いが「がん克服」を模索しておられるようでしたら、ぜひ一度ご相談ください。長年の経験と実績を基にお役に立てるはずです。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

がん克服事例

私が実際に受けてきた相談事例をご紹介しています。

また重複しますが、「末期がんの事例」と「現在継続中の事例」もピックアップしました。