克服事例・相談事例はこちら

腎臓がんの概要

腎臓がんとは

腎臓がんとは、腎臓の尿をつくる部分の腎実質というところにできる腎細胞がんです。

腎臓は、肋骨の下端の高さの背中側に背骨をはさんで左右一対あるソラマメのようなかたちをした臓器で、血液をろ過して尿を生成する臓器です。

また腎臓は、血圧のコントロールに関するホルモンや造血に関するホルモンを産生するなどの働きもしています。

腎臓がんは、緩やかながら確実に患者数・死亡者数ともに増加していますが、主な要因は高齢化だと考えられています。

50代から患者数が増え、60代から70代がピークとなっています。

死亡率は男性のほうが女性よりも高く、女性の約3倍です。

腎臓がんは、喫煙者や肥満(特に女性の肥満)、高血圧の人に多く発症するということがわかっています。

その他の要因として、利尿剤服用(特に女性)やフェナセチン含有鎮痛剤の継続が候補に挙げられています。

遺伝による発生が多いことも知られており、遺伝子の解析が進んだ現在では、腎臓がんにかかることが予測できるまでになっています。


延寿へのご相談はお気軽に

ご自身やご家族やお知り合いが「がん克服」を模索しておられるようでしたら、ぜひ一度ご相談ください。長年の経験と実績を基にお役に立てるはずです。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

がん克服事例

私が実際に受けてきた相談事例をご紹介しています。

また重複しますが、「末期がんの事例」と「現在継続中の事例」もピックアップしました。