克服事例・相談事例はこちら

がん免疫療法

がん免疫療法とは

がんの治療法には主に「手術療法」「化学療法」「放射線療法」があり、それぞれが日々進歩しています。

そして、その他のがん治療方法のひとつとして「免疫療法」があり、第4の治療法として期待されています。

がん免疫療法とは、人間が本来持つ自然治癒力である「免疫力」を利用してがん細胞を攻撃し死滅させようという療法で、近年その研究は盛んになり、2013年の米科学誌サイエンスが発表する「今年の科学10大ニュース」で、免疫細胞にがん細胞を攻撃させる「がん免疫療法の進歩」が1位となりました。

がん免疫療法には、がん患者自身のリンパ球を体外でがん細胞を殺傷する作用を強化して患者に戻す方法や、がん患者の免疫によってがん細胞を排除するためのワクチン療法や樹状細胞を用いた細胞療法、また免疫担当細胞を活性化したり、それ自身でがん細胞を殺す作用のあるサイトカインを用いたサイトカイン療法やB細胞が産生する抗体を用いた抗体療法、免疫力を活性化するような薬物を用いたBRM療法など様々な方法があります。

しかし、がん免疫療法のほとんどは研究段階であり、保険適用となっているのは腎臓がんやメラノーマの一部の免疫療法だけで、先進治療となっているものも含めて保険が適用されません。

がん免疫療法の種類

がん免疫療法の種類は多数あり、自由診療として行う病院やクリニックも多く独自の療法名を使っていることもありますが、以下に主ながん免疫療法を列記しました。

各療法のリンクをクリックすると詳細解説ページに移動します。

  • 細胞免疫療法
    • 非特異的免疫療法
      • リンフォカイン活性化キラー細胞(LAK)療法
      • 腫瘍組織浸潤リンパ球(TIL)療法
    • 樹状細胞(DC)療法
  • がんワクチン療法
    • 腫瘍細胞ワクチン
    • がん特異的抗原ペプチドによる免疫療法
  • サイトカイン療法
    • インターロイキン2(IL-2)によるサイトカイン療法
    • インターフェロン(IFN)によるサイトカイン療法
    • 腫瘍壊死因子(TNF)によるサイトカイン療法
    • インターロイキン12(IL-12)によるサイトカイン療法
  • BRM療法(生体応答調節剤療法)
  • 抗体療法
  • 遺伝子治療
    • 受動免疫強化療法
    • ワクチン療法
      • 腫瘍ワクチン療法
      • DNA(RNA)ワクチン療法
  • 丸山ワクチン

別項でそれぞれのがん免疫療法について解説しています。


延寿へのご相談はお気軽に

ご自身やご家族やお知り合いが「がん克服」を模索しておられるようでしたら、ぜひ一度ご相談ください。長年の経験と実績を基にお役に立てるはずです。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

がん克服事例

私が実際に受けてきた相談事例をご紹介しています。

また重複しますが、「末期がんの事例」と「現在継続中の事例」もピックアップしました。