克服事例・相談事例はこちら

膀胱がんのステージ分類

膀胱がんのステージ分類は以下の3点の進行度の組み合わせによって決められます。

  1. 膀胱がんの大きさ広がり「深達度(T)」
  2. リンパ節に転移しているか「リンパ節転移の広がり(N)」
  3. 離れた別の臓器への転移があるかどうか「遠隔転移(M)」

そして、その組み合わせにより膀胱がんのステージは、0a、0is、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳの6つに分けられています。

0aが最も早期の膀胱がん、Ⅳが最も進行した膀胱がんです。

膀胱がんではこのステージ分類と、がん細胞の形や大きさや細胞間のまとまりなどをもとに悪性度(がんが広がりやすいか、あるいは転移しやすいか)を表現した「グレード(異型度)」が主に用いられます。

膀胱がんのグレード(異型度)

  • G1「細胞異型度、構造異型度とも軽度異型」
  • G2「細胞異型度、構造異型度の少なくとも一方が中等度異型」
  • G3「細胞異型度、構造異型度の少なくとも一方が高度異型」

に分けられ、ステージ分類とグレード(異型度)によって適切な治療法が選択されます。


膀胱がんのステージ分類

深達度(T)
Ta
がんが粘膜内に限局している。
Tis
上皮内がん。
T1
がんが粘膜下に浸潤しているが、膀胱筋層へは及んでいない。
T2
がんが膀胱筋層まで浸潤している。
T3
がんが膀胱筋層を越え、周囲脂肪組織に浸潤している。
T4a
がんが前立腺、子宮、膣など周囲へ浸潤している。
T4b
がんが骨盤壁、腹壁など周囲へ浸潤している。
リンパ節転移の広がり(N)
N0
所属リンパ節に転移はない。
N1
2㎝以下の1個の所属リンパ節転移がある。
N2
2㎝を超え5㎝以下の1個の所属リンパ節転移、または5㎝以下の所属リンパ節転移が複数個ある。
N3
5㎝を超える所属リンパ節転移がある。
遠隔転移(M)
M0
遠隔転移なし。
M1
2遠隔転移あり。
膀胱がんのステージ分類 N0 N1~N3 M1
リンパ節転移なし リンパ節転移あり 遠隔転移を認める
Ta がんが粘膜内に限局している 0a
Tis 上皮内がん 0is
T1 がんが粘膜下に浸潤しているが、膀胱筋層へは及んでいない
T2 がんが膀胱筋層まで浸潤している
T3 がんが膀胱筋層を越え、周囲脂肪組織に浸潤している
T4a がんが前立腺、子宮、膣など周囲へ浸潤している
T4b がんが骨盤壁、腹壁など周囲へ浸潤している

延寿へのご相談はお気軽に

ご自身やご家族やお知り合いが「がん克服」を模索しておられるようでしたら、ぜひ一度ご相談ください。長年の経験と実績を基にお役に立てるはずです。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

がん克服事例

私が実際に受けてきた相談事例をご紹介しています。

また重複しますが、「末期がんの事例」と「現在継続中の事例」もピックアップしました。